対象者

| 未分類 |

国民健康保険の対象者は会社員で健康保険に加入している人とその家族、生活保護を受けている人以外の人です。自営業者、定年退職をして任意継続を選ばなかった人、無職の人などです。外国人も加入する必要があります。公務員は共済組合が健康保険の役割をしています。

国民健康保険は引っ越しなどで転入した時、会社の健康保険をやめた時、子供が生まれた時、生活保護をうけなくなった時など事実が発生した時から14日以内に市区町村の窓口で加入手続きをして、病院にかかった時に自己負担として3割を払います。出産一時金など現金支給の制度もあります。今は会社員の健康保険も自己負担が3割になってるので違いはありません。国民健康保険料は住んでいる市区町村の財政事情によって異なります。国は国庫補助金という形で地方公共団体に補助をしています。

国民健康保険の保険料は前年の年収で決まるので、会社員はどうしてもやめた次の年は保険料が高くなります。そのため
2年間は今まで加入していた健康保険に加入できる任意継続の制度を使う人も多いのです。最長で2年間しか任意継続はできないので、3年目からは国民健康保険に加入することになります。

日本は国民皆保険といって何かの健康保険に国民全員んが加入している必要があります。