任意継続被保険者となる場合

| 未分類 |

会社を退職すると、今までの健康保険証は使えなくなります。
無職になると、通常は国民健康保険に加入することになりますが、直前まで勤めていた会社の健康保険に引き続き加入できる制度もあります。
それが「健康保険任意継続」という制度で、最長2年間まで継続できます。
任意継続をするためには、退職後20日以内に健康保険の事務局へ「任意継続被保険者資格取得申出書」を提出しないといけません。
20日というのは長いようであっと言う間ですので、退職が決まったらできるだけ早く、健康保険の事務局へ相談するようにしましょう。
親切な会社であれば、退職時の手続きの際、この書類をくれるところもあるようです。
一般に、社会保険では会社が保険料の半額を負担してくれますが、任意継続には適用されません。
よって、基本的には今までの倍の保険料を支払うことになります。
(ただし、上限が決まっているため「倍」までにはならないケースもあります)
任意継続しても、国民健康保険に加入しても、病院での負担は3割で一緒です。
そのため、どちらの保険料が安く済むか、よく考える必要があります。
国民健康保険の保険料はお住まいの地域によって異なりますので、役場に聞くなどして確認しましょう。
どちらがお得かよく分からない場合は、とりあえず任意継続の手続きをしておくのがオススメです。
任意継続から国民健康保険への変更はいつでもできますが、逆はできないからです。