国民健康保険に加入する場合

| 未分類 |

様々な理由で会社を退職して会社の健康保険を辞めたときや子供が誕生したり、引越しなどで他の市町村から転入してきた時などは各市町村の窓口で14日以内に国民健康保険の加入手続きを行わなければならなく、最近では生活保護を受けていたが生活が自力で行えるようになり生活保護を受けなくなったというケースの場合も14日以内に手続きを行います。しかし14日以内となっていますが届出が遅れたりしていなかったケースでも未納期間にさかのぼって保険料は求められますので必ず加入しなければいけません、加入の手続きは世帯主の名前で行われ、保険証や振込用紙なども世帯主宛に送られてきますので銀行などの自動振込みが利用できますので便利です。窓口での手続きで必用なものは会社を退職をした方の場合は印鑑と健康保険資格喪失証明書が必用となります。次に他の市町村から引越して転入した場合は印鑑と他の市町村の転出証明書が必用となります。子供が生まれた場合は現在の健康保険証と母子健康手帳、印鑑が必要です。未納などがあってもさかのぼって収めないといけなく、保険料滞納となりますので遅れれば利息が必用となりますので手続きはできるだけ早く終わらせることが大事です。