会社員や公務員等を退職したとき、そのまま加入していた社会保険に継続して2年間までは継続することができます。ただし、退職時に社会保険を離れて、国民健康保険に切り替えることもできます。
一般的に国保料よりは今まで加入していた社会保険のほうが掛け金が少ないので、2年間はそのまま社会保険に継続して入っておいたほうが得であるとされます。家族02
ただいずれにしても、2年間を過ぎれば国保に加入することになりますので、そのことは知っておく必要があります。ただし、再就職をして別の社会保険に加入すれば、その限りではありません。
国保は財政難から毎年値上げが続いており、将来的には財政難のために市町村から都道府県に権限を移すということを国、厚生労働省が考えているようですが、財政基盤は安定するにしても赤字は続くと見られるため、その赤字をどう解消するかの問題は残ります。いつまでも税金投入でフォローをするというのは難しいと考えるべきでしょう。収入証明書不要キャッシング
なお、この国保料を家計難で支払えない世帯も徐々に増えており、国民皆保険制度の根底が徐々に崩れていることも考えなければなりません。制度の抜本的な改革を先延ばしに来た政治や行政の責任であるといえます。